こころ日記 Spring-of-Heart/こころのはる

オリジナルブランドSpring-of-Heart/こころのはる制作者のこころ日記です。ここでは日々の出来事、感じた事、作品の物語などを綴っています。

アトリエ Spring-of-Heart/こころのはる
愛知県春日井市柏原町2-12 1F

open 13:00~19:00
定休日 水・日・祝 臨時休業あり
詳しくはコチラ→アトリエ案内

九州ロマンチック~2018~

九州ロマンチック~2018~

九州ロマンチック2018

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

昔の自分を訪ね求め、そこから新しい自分自身を導く

それが僕にとっての九州ロマンチックなのかもしれない・・・♪♪

 

あなたはどんな時にロマンチックを感じますか?

 

 

今回はそんな旅の記録を♪♪

 

九州ロマンチック~2018~

九州ロマンチック2018_広島原爆ドーム

旅の始まりは 広島市 原爆ドーム

半日ほど滞在して歴史に触れ、お好み焼きも頂きました。

 

今回は陸路で九州へ♪

 

お墓参りにいって

九州ロマンチック2018 海岸への小道

そして小道を抜け海へ♪

九州ロマンチック2018_海岸

海は世界中を繋いでるから

ぷかぷか海の中に浮かんでるとなんだか

地球と一体化してるような気分♪

瞳を閉じて地中海からナイル川をのぼると

みえてくるのはピラミッド♪みたいな想いを巡らせて

ぷかぷか♪ぷかぷか♪

 

九州ロマンチック2018_桜色の空

空がサクライロになった時

海へでて魚釣り♪

 

九州ロマンチック2018_公園

その帰りに幼いころ遊んだ公園へ立ち寄り

思い出と語り合い♪

 

九州ロマンチック2018_ガンジーファーム

温泉!!求め!まずはガンジーファーム♪

九州ロマンチック2018_ガンジーファーム牛舎

牛舎を見学して、ソフトクリームを食べて

ラムネ温泉へ♪

 

そして

九州ロマンチック2018_超豪華列車_ななつ星

クルーズトレイン「ななつ星in九州」走る♪

 

九州ロマンチック2018_国道九四フェリー

帰りはフェリー 遊なぎで九州から四国へ♪

九州ロマンチック2018

と総移動距離(フェリー省く)

1663.9kmのロマンチックな旅は幕を下ろしました。

 

今後、Spring-of-Heartが忙しくなることを見越してか

【ゆっくり過ごせよ】と言われてるかのように

会いたい人に都合が合わずに、なかなか会えなくて

ちょっぴり寂しかったですが

ゆっくり、のんびりと素敵な時間を過ごさせて

頂きました♪

 

そしてエンジン全開♪

この旅で感じた想いを作品に活かしていこうと思います。

ありがとうございました♪

 

 

 

◆広島市 原爆ドーム http://www.city.hiroshima.lg.jp/

◆ゴールデンミルクのガンジー牧場  http://www.guernsey-farm.net/

◆ラムネ温泉館 http://www.lamune-onsen.co.jp/

◆国道九四フェリー  http://www.koku94.jp/

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

作品のご購入・モノづくり体験予約など、不明な点
info@spring-of-heart.comまでお問合せ下さい。

土・日曜・定休日のご注文やお問合せの返信は

翌週月曜・定休日明けに

なる場合がございます。ご了承ください。

Spring-of-Heartオフィシャルサイト
http://spring-of-heart.com/

オンラインショップ
https://kokoronoharu.handcrafted.jp/

こころ日記
http://www.heart-diary.spring-of-heart.com/

Beans/想いの豆知識
http://spring-of-heart.com/beans.html

インスタグラム
https://www.instagram.com/springofheart/

モノづくり体験

http://www.spring-of-heart.com/information.html

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>